コンピュータビジョン最先端ガイド5

コンピュータビジョン最先端ガイド1,2,3と来て第五弾の

コンピュータビジョン最先端ガイド5が発売されました。

 

コンピュータビジョン 最先端ガイド5

 

今回のテーマはズバリ、三次元

 

最近、三次元と言えば何かと話題なKinectネタは無いのですが、ステレオ法やパターン投映法などのアルゴリズム説明について記載されています。

いつもながら、数式多めのちょっと難しめ。

 

ちなみに、全ページ数が97ページと、従来の本よりも少し少な目だからか?値段も1500円と少しお安くなっています。

 

(参考)

コンピュータビジョン 最先端ガイド5 - CVIMチュートリアルシリーズ -

 

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)

  • 著者/訳者:松下 康之 古川 泰隆 川崎 洋 古川 亮 佐川 立昌
  • 出版社:アドコム・メディア( 2012-12-05 )
  • 単行本:97 ページ
  • ISBN-10 : 4915851478
  • ISBN-13 : 9784915851476

 

目次

第1章 照度差ステレオ

第2章 複数枚画像からの三次元復元手法

第3章 構造化光を用いたアクティブ3次元計測の原理と展開

 

参考文献へ戻る



web拍手 by FC2

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー: 参考文献  タグ: . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です