平滑化(移動平均)フィルタ

平滑化フィルタは読んで字のごとく、画像の輝度値を平らに滑らかにするための手法です。
画像中のノイズを除去するために用いられます。

平滑化フィルタ前 平滑化処理後
平滑化処理前 平滑化処理後
平滑化処理前 平滑化処理後

移動平均フィルタ(別名:平均化フィルタ、単に平滑化フィルタともいう)では、注目画素のその周辺の輝度値を用いて、

輝度値を平均し、処理後画像の輝度値とする手法です。

例えば、注目画素とその周辺の輝度値に以下のようなレートを掛け合わせて輝度値を求めます。


平滑化3×3


この3×3のレートの組合せの事をカーネル、オペレータ、マスクなどと言います。

とくに3×3である必要はなく、5×5の場合では


平滑化5×5


となります。

ただし、全てのレートを足し合わせてになるように調整して下さい。

画像処理アルゴリズムへ戻る

シェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

関連記事

関連記事
スポンサーリンク

同一カテゴリ人気記事

コメント

  1. […] 移動平均フィルタ(カーネルサイズ7×7) […]

  2. […] 画像フィルタ処理の高速化のテクニックを移動平均フィルタを例にとって紹介したいと思います。 […]

  3. […] 平滑化フィルタでは注目画素の周辺画素の輝度値を平均し、ノイズを除去していましたが、画像の輪郭もボケてしまう欠点がありました。それに対し、メディアンフィルタでは周辺輝度 […]