ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • もともと、ソニーのミラーレスカメラNEX-5Rを持っていたのですが、最近はiPhoneで撮影するだけでも、そこそこ綺麗な写真が撮れてしまうので、ここは昔からの憧れでもあった一眼レフカメラを買うか!

    ということで、旅行に行くのに合わせて、ニコンのD5500を購入しました。

    私の主な使用目的としては旅行用なので、できれば軽く、手持ちでも夜景をキレイに撮りたい、旅の軌跡を残すのにGPSが欲しい、というのがカメラに求めるところです。

    ということで、今回は一眼レフにすることは決めていたので、ニコンにするか?キャノンにするか?の定番の悩みから入ったのですが、ローパスフィルタレスで、よりシャープでリアルな画像が撮影出来る事を期待してニコンのD5500に決めました。

    はなから予算オーバーですが、D500は旅行用には少し重いかと思い断念...

    結局購入したのは以下の構成です。

    • 本体:D5500 18-55 VRⅡレンズキット
    • レンズ:SIGMA 18-300mm
    • GPSユニット:GP-1A
    • 予備バッテリー:EN-EL14a
    • 液晶保護フィルム:ハクバ BKDGF-ND5500
    • SDカード(FlashAir):W-03
    • レンズプロテクト:マルミ 72mm
    • カメラケース:ミツミ MLサイズ

    レンズをどうするか?かなり悩んだのですが、旅行先でレンズを2本持ち歩くのも嫌だし、ズームは欲しいので、結局、SIGMAの18-300mmのレンズにしました。

    NIKON D5500 Review

    購入したもの、もろもろ↓

    NIKON D5500 Review NIKON D5500 Review

    カメラケースは、少し大きかったのですが、レンズの大きさに合うのも無かったので、これにしました。

    背面にあるチャック付きのポケットが予備のバッテリーやレンズキャップを入れるのに便利です。

    そして、本体一式の中身はこちら↓

    NIKON D5500 Review

    普通に使う分には、この内容だけで、十分です。

    ニコンの標準レンズ(18-55mm)とSIGMAのレンズ(18-300mm)の比較

    NIKON D5500 Review

    SIGMAのレンズは300mmまである割には、そこそこ小さいと思いましたが、ちょっと重い。

    カメラ本体を軽いのを選んだのに、レンズが重かったというオチ。。

    前から持っていたソニーのNEX-5Rとの比較

    NIKON D5500 Review

    やっぱりミラーレスはミラーが無い分、レンズのフランジバック分だけ小さい。

    ただ、上の写真で見る以上にD5500の方が大きく感じます。

    D5500のウリの一つのバリアングル液晶もNEX-5Rと比較

    NIKON D5500 Review

    これについては、NEX-5Rの方が使いやすかった。。

    D5500は横に広げないといけない上に、広げるとカメラを両手で持てないし、広げる時にストラップが邪魔でした。

    ちなみに、今回はカメラを持って四国へ行ってきたのですが、これ↓がしたいがためにGPSユニットを買ったのですが、結局、GPSユニットは屋根があるとほとんど使い物にならなく、iPhoneで撮影してGPSのピンを立てているのも含まれています。

    NIKON D5500 Review

    そして最初のメインの目的地、大塚国際美術館

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F8、焦点距離18mm、露出時間1/250秒、ISO-200

    ここは、飾られている絵は全部偽物なのですが、実物大の陶板で作られており、有名なゴッホやモナリザなどがあり、美術に詳しくない私でもそこそこ楽しめます。

    写真撮影もOKですが、三脚はNG、作品のみの撮影もダメ、人と一緒に撮影してね!というスタンスです。

    館内での撮影例

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/60秒、ISO-1800

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/50秒、ISO-12800

    屋外での撮影

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F8、焦点距離120mm、露出時間1/250秒、ISO-2800

    美術館の中庭で撮影した、こちらは本物の水蓮ですが、なぜかアートっぽく見えるが不思議だった~

    次の目的のトロッコ電車。

    琴平駅から大歩危駅へ

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F6.3、焦点距離35mm、露出時間1/1600秒、ISO-400

    前半は窓のある客車で行くのですが、後半はトロッコ部分に乗り換えます。

    窓が無いので、トンネルを抜ける時とは、風をダイレクトに感じれらるので楽しかったです。

    車内からはスポーツモードで撮影

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】シーン、スポーツ、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/8000秒、ISO-800

    当日はあいにくの天気だったのですが、これからの紅葉のシーズンは最高でしょうね!

    しかし、残念ながらこのトロッコ列車も11月27日をもって終了します。

    次は、ちょっと高級志向の

    四国まんなか千年ものがたり

    http://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/

    という列車に生まれ変わります。

    この、素朴なトロッコ列車もいいと思うんですけどね~

    そして大歩危から向かった先は、かずら橋という吊り橋

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F5、焦点距離18mm、露出時間1/100秒、ISO-400

    ここ、足場がスカスカで、恐怖感、ハンパ無かったです。

    このかずら橋を渡ると琵琶の滝という滝があり、滝と言えばスローシャッターで撮影したくなりますよね。

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】シャッター優先、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/13秒、ISO-160

    橋を渡るのに三脚なんて持って行ける状況ではなかったので手持ち撮影です。

    脇を固めて、ファインダーを押し当てるように撮影して、なんとか頑張りました。

    帰りの電車から見る地元の家には、不思議なしゃちほこみたいなのがあり、これを最大ズームで撮影

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F6.3、焦点距離300mm、露出時間1/2500秒、ISO-400

    これ、何なんだろう??

    次に向かったのは旧金毘羅大芝居という歌舞伎の建物

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/60秒、ISO-1250

    現存する最古の芝居小屋とのこと。

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/60秒、ISO-3200

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F3.5、焦点距離18mm、露出時間1/60秒、ISO-8000

    中も自由に見せてくれて、舞台の裏や回転ステージの下も見れて楽しかったです。

    NIKON D5500 Review

    【撮影条件】フラッシュなしオート、F5、焦点距離60mm、露出時間1/13秒、ISO-12800

    以上、旅の思い出 兼 カメラのレビューでした。

    撮影していて、ちょっと気になったのが、SIGMAのレンズ、近い距離で四角い物を撮影すると、レンズの歪みが気になります。

    SIGMAの18-300mmでドアを撮影したのがこちら↓

    NIKON D5500 Review

    結構、歪んでますよね。

    ニコン標準の18-55mmのレンズで撮影すると、こんな感じ↓

    NIKON D5500 Review

    焦点距離が違い過ぎるので直接比較するのもどうかと思いますが、ちょっと気になります。

    カメラ本体にはレンズの歪補正機能がありますが、これはニコンのレンズを付けた場合のみ?のよう

    NIKON D5500 Review

    ゆがみ補正に対応しているレンズは、こそらくこのページに書いてある物であれば大丈夫と思われ。

    http://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/download/fw/197.html

    こうなると、いくつものレンズ購入の深みにハマっちゃうのかな~と、ちょっと心配。

    結局、ズームも欲しいと思い、18-300mmのレンズを購入してみたものの、今回の旅行で約900枚撮影した画像の焦点距離の情報をまとめてみると、こんな感じでした。

    NIKON D5500 Review

    ほとんど18mmで撮影していて、むしろ、もう少し広角側が欲しいぐらいでした。

    こんなんだったら、標準の18-55mmを持って行けば良かったかな~と後悔。

    あと、撮影した画像データは、 カメラ本体→Wifi→スマホ→アマゾン プライムフォト という流れでデータを保存しておこうと思い、SDカードをFlashAirにしてみましたが、数枚の画像をスマホに送る分には、便利と言えば便利。

    大量の画像を転送しようと思うと、カメラ本体がオートパワーオフになってしまうので、不便な場合がありました。

    では、標準の機能を使って画像を転送しようとすると、カメラ本体のWifi設定のひと手間が増えますが、パワーオフになることはないので、それはそれでありかな?

    しかも、転送時間が早い!

    と思っていたら、そこに落とし穴が。。

    写真データをスマホに転送するときに、デフォルトで「推奨サイズ」というのにチェックがされています。

    NIKON D5500 Review

    この状態で画像を撮り込むと、6000x4000画素で撮影していた画像が1620x1080画素まで小さくなっていました。

    わざわざ一眼レフを買ったのに、1620x1080画素まで落とそうと思わないのですが。。

    で、結局、家に帰って、USBケーブルで接続し、じっくり画像をHDDに保存し、それをプライムフォトへ。

    プライムフォトは圧縮することなく、枚数無制限で保存できるので、安心感があります。

    私は、何度かHDDがダメになった経験があるので。。

    こずれにしても、今回が初めての一眼レフカメラ。

    これから、いろいろ試してみようと思っています。