最近の記事
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ

  • 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    私はVisual Studio 6.0からプログラムを始めたのですが、昔は文字列を検索する時はCtrl+Fキーを押して、検索文字を入力したら、検索結果ウィンドウに結果が、こんな風↓に表示されていたよな~

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    と思いながら、Visual Studio 2015でCtrl+Fを押してキーワード検索をしていたのですが、一個一個、検索するのは面倒くさい。。。

    Visual Studio 2015でCtrl+Fを押した時の検索は、クイック検索

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    となりますが、昔のスタイルの検索ウィンドウ↓

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    を表示するには、Ctrl+Fキーを押して、クイック検索ウィンドウを表示し、キーワード入力欄の右側にある▼をクリックし、フォルダーを指定して検索...をクリックすると上図の検索ウィンドウが表示されます。

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    他にもメニューの編集→検索と置換→フォルダーを指定して検索でも表示されます。

    どうも私にはフォルダーを検索して検索という表現に違和感が。。

    フォルダーを指定して検索をクリックすると、昔スタイルの検索ウィンドウが表示されます。

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    検索するキーワードを入力し、すべてを検索をクリックすると、上記の検索対象(ソリューション全体)では、ソリューション全てのファイルからキーワードを検索し、検索した結果が検索結果ウィンドウ内に検索結果の一覧が表示されます。

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    この検索結果をクリックすると、その部分のソースコードへ飛んでくれます。

    というのが、私には普通だったのですが、今どきの人は違うかな~

    Ctrl+Fを押した時の動作を、このフォルダーを指定して検索のウィンドウの表示にしたい場合は、メニューのツール→オプションをクリックします。

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    表示されたオプションウィンドウ↓

    Visual Studio 検索結果ウィンドウへ一覧表示

    オプションウィンドウの環境→キーボードと選択し、編集.フォルダーを指定して検索を選択し、

    ショートカットキーの部分でCtrl+Fキーを入力

    割り当てをクリック

    OKをクリック

    これで、Ctrl+Fキーを押したときに、デフォルトでフォルダーを指定して検索ウィンドウが表示されます。

    もともとのクイック検索と同じ事をやるには、フォルダーを指定して検索ウィンドウで、次を検索もしくはF3キーを押せばいいので、やっぱり私にはフォルダーを指定して検索で十分!

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク