Pillow

Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像の一部を切り抜く

Pillowで画像の一部を切り抜くには、Imageクラスのcropメソッドを用います。 書式は Image.crop(box=None) 引数 説明 box 切り抜く領域を(左, ...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像データの新規作成

画像データ(PIL.Image)を画像ファイルなどからではなく、新規に作成するには、Imageモジュールのnew関数を使います。 new関数の書式は以下の通り PIL.Image.new(mode, size, color=0)...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像ファイルを開く,保存する

jpegやbmpなどの画像ファイルをPillowで開くには、Imageモジュールのopen関数を使います。 同様に画像をファイルに保存するにはsave関数を用います。 以下に、bmp形式の画像ファイルを開き、画像をカラーからモノ...
NumPy

【Python】画像データがNumPyかPillowか調べる方法

Pythonで画像処理をしていると、画像データの型(クラス)は、OpenCVを使っているとNumPyだし、Tkinterで画像を表示しようとすると、Pillowを使ったりもするので、どうしても画像データがNumPyとPillowが混在しがち...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像の輝度値をCSVファイルに保存/読込

画像処理をしていると、画像の輝度値をCSVファイル保存して、輝度値そのものや、輝度値の分布などを見たくなります。 Pythonにはcsvモジュールがあり、比較的簡単に画像の輝度値をCSVファイルに保存することができます。 輝度値...
NumPy

【Python】画像データ(NumPy,Pillow(PIL))の相互変換

Pythonで画像処理をしていると、画像データの扱いは各ライブラリによって、NumPyのndarrayかPillowのPIL.Imageのどちらかになる場合が多いかと思います。 そこで NumPyとPillowの画像データの相互変換を...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像のビット数、チャンネル数を調べる

画像のビット数(8や24など)やチャンネル数(色の数、Lの場合は1、RGBの場合は3など)は画像処理をするときに、画像データを直接参照する場合などに必要になってきます。 jpegファイル(*.jpg)を開いたときには bits という...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】カラーパレットの設定(インデックスカラー)

PythonのPillowでモノクロ画像ファイルを開くと、Imageクラスの mode は "L" となりますが、これはカラーパレットを持たない画像データとなります。 C言語やC#ではモノクロ画像データを表示するときは、カラー...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像のヒストグラム取得、表示

Pillowで画像のヒストグラムを取得し、取得した画像データをmatplotlibで表示するには、とても簡単で以下のようにします。 import matplotlib.pyplot as plt # ヒストグラム表示用 from P...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】対応画像ファイルフォーマット

Pillowで画像ファイルを開くときはopen()関数、保存はsave()関数を使って from PIL import Image # PIL.Imageで画像を開く img = Image.open("./Mandrill....
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】transformメソッドで射影変換(ホモグラフィ変換)

transform()メソッドでアフィン変換を行う方法はここ↓で紹介しました。 このページでも説明しているように method に PIL.Image.PERSPECTIVE を指定し、data の部分にホモグラフィ変換行列を...
Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】transformメソッドでアフィン変換

「Python アフィン変換」と検索すると、OpenCVを使った説明が多いような気がしますが、画像を表示するだけなら、Pillowにtransform()メソッドというのがあり、これもなかなか高機能な処理が可能になります。 Pillo...
タイトルとURLをコピーしました