Pillow(PIL)

【Python/Pillow(PIL)】画像ファイルを開く,保存する

jpegやbmpなどの画像ファイルをPillowで開くには、Imageモジュールのopen関数を使います。

同様に画像をファイルに保存するにはsave関数を用います。

以下に、bmp形式の画像ファイルを開き、画像をカラーからモノクロのグレースケールに変換し、pngファイルに保存する例を示します。

from PIL import Image

# PIL.Imageで画像を開く
img = Image.open("Parrots.bmp")

# OS標準の画像ビューアで表示
img.show()

# グレースケールへ変換
img_gray = img.convert("L")
img_gray.show()

# 画像のファイル保存
img_gray.save("image_gray.png")

(実行結果)

Python Pillow(PIL) 画像ファイルを開く,保存する

 

ファイル名に日本語も指定できる(OpenCVのimread関数は日本語が使えない)ので、使い勝手がいいと思います。

読込、保存のできる画像ファイルのフォーマット(bmp,jegなど)は別途こちら↓にまとめました。

【Python/Pillow(PIL)】対応画像ファイルフォーマット
Pillowで画像ファイルを開くときはopen()関数、保存はsave()関数を使って from PIL impo...

 

画像ファイルの保存では、jpegファイルでは品質(quality)など、ファイルフォーマットごとに指定できるオプションがあるので、詳細はこちらのページ↓を参照ください。

Image file formats — Pillow (PIL Fork) 8.1.2 documentation
スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました