Pタイル法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pタイル法【Percentile Method】は、画像の二値化したい領域が全画像の領域に占める割合をパーセント(%)で指定し二値化する手法です。

【処理例】

Pタイル法処理前 Pタイル法処理後
Pタイル法処理前

Pタイル法処理後

(二値化する割合を23%で指定)

【処理アルゴリズム】

まず最初に画像のヒストグラムを取得します。 Pタイル処理_ヒストグラム

このヒストグラムを見ると、輝度値でおおよそ160前後で二値化すると、目的の画像が得られそうな 事が分かります。

次にヒストグラムの輝度値が高い方から頻度を足していき、その頻度の合計が指定した割合を超える 輝度値をしきい値とし、二値化処理を行います。

Pタイル法_累積ヒストグラム

実際の処理では、例えば画像サイズが640×480画素だとすると、全画素数は307,200画素なので、 二値化する割合が23%のときは23%に相当する画素数は

307,200 × 0.23 = 70,656画素

なので、ヒストグラムの頻度を輝度値の高い方から(黒側の面積を指定する場合は低い方から)足していった時に70,656画素を初めて超える輝度値を二値化のしきい値とします。 Pタイル法では、二値化する領域の大きさが一定の場合、画像の明るさが変動しても、二値化された 画像は変わらない事がメリットです。

一般にカメラから得られる画像の輝度値はカメラ本体の温度変化により変動し、LEDなどの照明も 長時間使用していると暗くなる傾向があるので、固定しきい値による二値化処理よりも安定的に 二値化処理を行うことが可能となります。 もっとも、二値化する領域の大きさの変動が大きい場合は不向きです。

画像処理アルゴリズムへ戻る

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 二値化、Pタイル法、判別分析法(大津の二値化) […]