Pタイル法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • Pタイル法【Percentile Method】は、画像の二値化したい領域が全画像の領域に占める割合をパーセント(%)で指定し二値化する手法です。

    【処理例】

    Pタイル法処理前 Pタイル法処理後
    Pタイル法処理前

    Pタイル法処理後

    (二値化する割合を23%で指定)

    【処理アルゴリズム】

    まず最初に画像のヒストグラムを取得します。 Pタイル処理_ヒストグラム

    このヒストグラムを見ると、輝度値でおおよそ160前後で二値化すると、目的の画像が得られそうな 事が分かります。

    次にヒストグラムの輝度値が高い方から頻度を足していき、その頻度の合計が指定した割合を超える 輝度値をしきい値とし、二値化処理を行います。

    Pタイル法_累積ヒストグラム

    実際の処理では、例えば画像サイズが640×480画素だとすると、全画素数は307,200画素なので、 二値化する割合が23%のときは23%に相当する画素数は

    307,200 × 0.23 = 70,656画素

    なので、ヒストグラムの頻度を輝度値の高い方から(黒側の面積を指定する場合は低い方から)足していった時に70,656画素を初めて超える輝度値を二値化のしきい値とします。 Pタイル法では、二値化する領域の大きさが一定の場合、画像の明るさが変動しても、二値化された 画像は変わらない事がメリットです。

    一般にカメラから得られる画像の輝度値はカメラ本体の温度変化により変動し、LEDなどの照明も 長時間使用していると暗くなる傾向があるので、固定しきい値による二値化処理よりも安定的に 二値化処理を行うことが可能となります。 もっとも、二値化する領域の大きさの変動が大きい場合は不向きです。

    画像処理アルゴリズムへ戻る

    コメント

    1. […] 二値化、Pタイル法、判別分析法(大津の二値化) […]