【OpenCV】IplImageから.NETのBitmapへ変換

OpenCVのプログラムを作っていると、OpenCV用のGUI(highgui)はかなり物足りなく、ウィンドウや表示まわりは.NETに任せたいので、OpenCVのIplImageから.NET(C++/CLI)のBitmapへ変換すると、簡単にウィンドウプログラムを作成する事が可能となります。

 

変換部分のサンプルプログラムは以下の通りです。

// IplImage の確保
IplImage *src_img = cvLoadImage("c:\\Sample.bmp");
//  IplImageからBitmapの確保
Bitmap^ bmp = gcnew Bitmap(src_img->width, src_img->height, src_img->widthStep,
      System::Drawing::Imaging::PixelFormat::Format24bppRgb, (IntPtr)src_img->imageData);

 

ただし、PixelFormatはIplImageで確保した画像データのdepthおよびnChannelsに合わせて設定して下さい。

 

PixelFormat depth nChannels
Format8bppIndexed 8 1
Format24bppRgb 8 3

 

他の組合せも考えられますが、.NETやOpenCVの関数が対応していないものが多いので、実質的に、この2つの組合せになると思います。
モノクロ8Bit画像(Format8bppIndexed)の場合は、別途、カラーパレットを設定する必要があります。
カラーパレットの設定については、8Bitモノクロのカラーパレット設定方法のページを参照願います。

 

ここで作成したBitmapをPictureBoxに表示する場合、

 

pictureBox1->Image = bmp;

 

とすると

 

‘System.AccessViolationException’ のハンドルされていない例外が System.Drawing.dll で発生しました。
追加情報: 保護されているメモリに読み取りまたは書き込み操作を行おうとしました。他のメモリが壊れていることが考えられます。

 

というエラーメッセージが出てしまうので、DrawImageを使って

 

g->DrawImage(bmp, 0, 0, src_img->width, src_img->height);

 

というようにして、ピクチャボックスへ描画します。

 

ちなみに今回はIplImageからBitmapクラスへ変換する方法を紹介しましたが、BitmapクラスからIplImageへ変換する場合はBitmapクラスのポインタがガーベージコレクションにより移動してしまう可能性があるので、BitmapのポインタをLock~Unlockで取得し、IplImageのimageDataへコピーすればよいと思います。

 

また、OpenCV2.0からは画像データにC++用のcv::Matがありますが、cv::Matでは画像データのメモリの幅が4の倍数に調整されていないので、画像の幅が4の倍数でない場合はcv::Matと.NETのBitmapとではメモリのサイズが異なるため、そのままcv::MatのポインタをBitmapへ渡す事ができません。
そのため、cv::MatからBitmapへ変換する場合はcv::MatそのものをIplImageを確保してからcv:Matへ変換するか、画像の1行ごとにデータをコピーするなどの工夫が必要となります。

 

 

OpenCVへ戻る

 



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: OpenCV  タグ: , , , , . Bookmark the permalink.

【OpenCV】IplImageから.NETのBitmapへ変換 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【OpenCV2.2】サンプルプログラム(C++/CLI版) | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です