Office

Microsoft Teamsのチャットにコードブロックの挿入

Microsoft Teamsのチャットで、プログラムコードを記載する方法です。

Teamsのチャットで、普通にプログラムコードをメッセージの部分にコピペすると、インデントが崩れて見づらい物になってしまいます。

MarkDown書式を用いると、インデントが崩れる事なく、プログラムコードを記入することが可能になります。

(参考)

[マークダウン] の書式設定を使用Teams
Markdown を使用すると、入力時に作成ボックス内の書式設定Microsoft Teamsプレビューが表示されます。

しかしながら、Teamsにはブラウザ版のTeamsアプリ版のTeamsとがあり、出来る事が異なります。

ブラウザ版のTeamsの場合、以下のようにすれば、コードブロックを挿入できます。

まず、新しいメッセージの入力の部分で、` (バッククォート、Shit+@で入力)を3つ入力します。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

すると、グレーの四角い領域が表示されます。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

この領域にプログラムのコードをコピペすると、ちゃんとインデント付きで、コードが挿入されます。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

しかしながら、アプリ版のTeamsでは、` (バッククォート)を3つ入力しても何も変化がありません。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

そこで、アプリ版のTeamsの場合、左下に表示されている書式のアイコンをクリックします。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

次に右上に表示されている、 (その他のオプション)をクリックします。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

表示されたメニューの中から、コードスニペットをクリックします。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

右上のメニューから挿入するプログラム言語を選択します。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

グレーの領域にプログラムコードをコピペし、挿入をクリックします。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

これで、メッセージの部分いコードが挿入されるので、右下の送信ボタンをクリックすれば完了です。

Microsoft Teams チャット コードブロック 挿入

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました