OpenCV3プログラミングブック

OpenCVプログラミングブックのVer3対応版が出版されました。

 

OpenCV3プログラミングブック

 

おそらくそんなに内容は変わらないんだろうな~と思いながらも、これまでも購入してきたので買っておいてみたら、いい意味で期待を裏切られる内容でした。

 

これまでのイントール方法から始まりリファレンスマニュアルがメインの内容とは違い、どちらかというとVer2からVer3への移行マニュアルという雰囲気です。

 

さらにOpenCVの処理例も一般的なフィルタ処理の内容は無く、ARや機械学習など、応用例がまとめられています。

逆に言うと、OpenCV初心者が、この本をいきなり手にするのは少々難しく感じると思います。

(この辺の溝を埋めるのが私の役目か??)

 

 

【目次】

1章 イントロダクション

画像処理について/OpenCV/OpenCV3.0/OpenCV2.Xからの移行に関する注意点

2章 OpenCV3.0を利用するための環境構築方法

CMake/公式インストーラ/NuGet/MacPorts/HomeBrew/apt-get install

3章 OpenCV3.0を用いたアプリケーション開発

CMake/Visual Studio

4章 OpenCV3.0を用いたデバッグ方法

5章 コンピュータビジョンにおける三次元幾何

6章 拡張現実感(Augmented Reality:AR)

7章 機械学習による画像認識

8章 プロジェクタカメラシステムープロジェクションマッピング

9章 OpenCVとOpenGLの連携

10章 広視野角HMDのための歪み画像生成

11章 Kinect V2の利用

12章 OpenCL

 

OpenCVへ戻る



web拍手 by FC2

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー: OpenCV, 参考文献  タグ: , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です