OpenCV3プログラミングブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)

  • OpenCVプログラミングブックのVer3対応版が出版されました。

    OpenCV3プログラミングブック

    おそらくそんなに内容は変わらないんだろうな~と思いながらも、これまでも購入してきたので買っておいてみたら、いい意味で期待を裏切られる内容でした。

    これまでのイントール方法から始まりリファレンスマニュアルがメインの内容とは違い、どちらかというとVer2からVer3への移行マニュアルという雰囲気です。

    さらにOpenCVの処理例も一般的なフィルタ処理の内容は無く、ARや機械学習など、応用例がまとめられています。

    逆に言うと、OpenCV初心者が、この本をいきなり手にするのは少々難しく感じると思います。

    (この辺の溝を埋めるのが私の役目か??)

    【目次】

    1章 イントロダクション

    画像処理について/OpenCV/OpenCV3.0/OpenCV2.Xからの移行に関する注意点

    2章 OpenCV3.0を利用するための環境構築方法

    CMake/公式インストーラ/NuGet/MacPorts/HomeBrew/apt-get install

    3章 OpenCV3.0を用いたアプリケーション開発

    CMake/Visual Studio

    4章 OpenCV3.0を用いたデバッグ方法

    5章 コンピュータビジョンにおける三次元幾何

    6章 拡張現実感(Augmented Reality:AR)

    7章 機械学習による画像認識

    8章 プロジェクタカメラシステムープロジェクションマッピング

    9章 OpenCVとOpenGLの連携

    10章 広視野角HMDのための歪み画像生成

    11章 Kinect V2の利用

    12章 OpenCL

    OpenCVへ戻る