C#2.0(Visual Studio 2005)からの脱却

私が本格的にC#を始めたのはC#2.0(Visual Studio 2005)からなのですが、会社でプログラムをしていると、お客様向けのサンプルプログラムを作成することから、むやみにVisual Studioのバージョンを上げる事もできず、Visual Studio 2005をかなり長い事使用してきました。

現在ではVisual Studio 2015をメインに使用しているのですが、C#の構文はC#2.0をひきずっておりまして。。

最近では、お客様が使っているVisual Studioは古くてもVisual Studio 2010ぐらいでしょうか。

ここでは、少しずつ、便利な機能は取り入れていこう!というのが目的でC#2.0より新しい構文についてまとめていこうかと思います。

varによる暗黙的な型宣言 C#3.0~
拡張メソッド C#3.0~
引数の省略と名前付き引数 C#4.0~
文字列補間($を使った文字列書式設定) C#6.0~

ちなみに、C#のバージョンとVisual Studioのバージョンの対応は以下の通りです。

C#2.0 Visual Studio 2005
C#3.0 Visual Studio 2008
C#4.0 Visual Studio 2010
C#5.0 Visual Studio 2012,2013
C#6.0 Visual Studio 2015
C#7.0 Visual Studio 2017
C#8.0 Visual Studio 2019

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/C_Sharp_(programming_language)#Versions

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事

関連記事
スポンサーリンク