【C#】GraphicsPath

GraphicsPath(名前空間:System.Drawing.Drawing2D)ですが、線や丸を書くだけで、DrawXXX系のメソッドでも出来るしなんか面倒臭いやつ?!

と、思っていたのですが、GraphicsPathに含まれているメソッドを見ていたら、少し認識が変わりました。

とりあえず気になったメソッドは

GetBounds パスの領域に外接する四角形の取得
IsVisible 指定した点がパス領域内に含まれるかどうか
Transform パスをアフィン変換します。
Widen パスの領域を囲むパスへ変換します。

など。

他にも気になるメソッドはあるのですが、まだ、使い方が分からず。。

上記のメソッドを使う事で、下図のようにライン上をマウスポインタが移動したか?などのイベント処理を行う事ができます。

C# GraphicsPath

このGraphicsPathを使うことで、以下のような使い方が便利かと思います。

●図形編集用のマーカーなど

●枠線の表示

●寸法線の表示

【C#】寸法線の描画
GraphicsPathを使うことで、文字を任意角度で表示することが出来るのを知った元メカ屋な私。 これは寸法線の描画に使えそう! ...

画像処理のためのC#テクニックへ戻る