【C#】NumericUpDownコントロール

パラメータの設定など、数値を入力するコントロールとして、これまでTextBoxを使うことが多かったのですが、TextBoxを使うと、TryParseを使い、文字列入力のエラー処理や、整数、小数の確認、最小値、最大値の確認などのエラー処理を行う必要が出てきます。

 

しかし、NumericUpDownコントロールを使うと、これらのエラー処理をコントロール側でやってくれます。

 

【C#】数値入力ボックスとしても使えるNumericUpDownコントロール

 

NumericUpDownコントロールは▲▼のボタンで、数値を上下させるだけ?と思い込んでいたのですが、数値の部分に直接、数値を入力する事もできます。

 

NumericUpDownコントロールには、以下のようなプロパティが用意されています。

 

【C#】数値入力ボックスとしても使えるNumericUpDownコントロール

 

主なプロパティは以下の通り

 

■DecimalPlacesプロパティ

小数点以下の桁数を指定します。

0にすると、整数に制限できます。

例)DicimalPlaces = 3のとき

【C#】数値入力ボックスとしても使えるNumericUpDownコントロール

 

■Incrementプロパティ

▲▼のボタンをクリックするごとに増減する量を指定します。

 

■Maximumプロパティ

入力する値の最大値を指定します。

 

■Minimumプロパティ

入力する値の最小値を指定します。

 

 

■ThousandsSeparatorプロパティ

3ケタごとにカンマ(,)区切り表示するか?を指定します。

表示例)

【C#】数値入力ボックスとしても使えるNumericUpDownコントロール

 

■Valueプロパティ

表示されている数値の値をdecimal型で取得/設定します。

値取得のコード例)

var a = (int)numericUpDown1.Value;

var b = (float)numericUpDown1.Value;

など。

 

使い始めると、むしろ▲▼のアップダウン部分だ邪魔に感じますが、入力の文字列チェック、最小最大値の制限などをしてくれるのは、とても便利!

 

C#へ戻る



web拍手 by FC2

関連記事、スポンサーリンク

スポンサーリンク

カテゴリー: C#  タグ: . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です