最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法

  • 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    メソッドに値を引数で渡す場合、値渡し参照渡しというものがあります。

    メソッド内で処理した結果を処理後に必要な場合には参照渡しにする必要があるのですが、まずはコード例から。

     static void Main(string[] args)
     {
         int a1;
         int a2;
         int a3;
    
         a1 = 1; // 値を代入しておく必要がある
         Method1(a1); // 処理後:a = 1
    
         a2 = 1; // 値を代入しておく必要がある
         Method2(ref a2); // 処理後:a = 11
    
         //a3 = 1; // 値を代入しておく必要がない(意味がない)
         Method3(out a3); // 処理後:a = 10
     }
    
     // 値渡し
     public static void Method1(int a)
     {
         a += 10; // メソッド内では a = 11 となる
     }
    
     // 参照渡し(ref)
     public static void Method2(ref int a)
     {
         a += 10;
     }
    
     // 参照渡し(out)
     public static void Method3(out int a)
     {
         //a += 10; // エラー:未割り当てのoutパラメータ'a'が使用されました。
         a = 10;
     }
    

    Method1は値渡しの例ですが、aの値はメソッドで受け取れるものの、処理後のaは処理前のaの値と同じままです。

    Method2は参照渡し(ref)の例ですが、aの値はメソッドで受け取れ、処理後のaもメソッド内で処理した値が繁栄されます。

    参照渡し(ref)で渡す引数はメソッドに渡す前に必ず初期化(値を代入)しておく必要があります。

    Method3は参照渡し(out)の例ですが、aの値を受け取れないものの、処理後の値はメソッド内で処理した値となります。

    参照渡し(out)で渡す引数はメソッドに渡す前に初期化しておく必要はありません。

    これらの動きは私のイメージではこんな感じ↓なのですが、伝わるでしょうか?

    【C#】引数の値渡し、参照渡し

    使い分け的には、一般的な処理では値渡しで十分な場合が多いかと思いますが、処理した結果が必要な場合には参照渡しとなります。

    refとoutの違いについては、refでは引数の初期化が必要になりますが、outではその必要がありません。

    そのため、メソッド内で引数で渡された値が必要な場合には、ref、必要の無い場合にはoutを使うとよいかと思います。

    C#へ戻る

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク