【C#】四捨五入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 10/21 【C#】寸法線の描画
  • 10/21 【C#】GraphicsPathの領域取得
  • 10/20 【C#】GraphicsPathの描画
  • 10/18 【C#】GraphicsPath
  • 10/17 【C#】Bitmap画像データの拡大縮小
  • 10/15 【C#】画像の座標系
  • 10/14 【C#】画像の上下左右反転、90,180,270度回転
  • 10/3 【C#】SplitContainerのPanel固定方法
  • 9/7 【Neural Network Console】学習データの出力方法
  • 9/3 Deep Learning向け学習画像撮り込みソフト公開
  • 9/1 【Neural Network Console】新規画像のDataset作成方法
  • 8/28 【Neural Network Console】GUI表示スケールの変更
  • 8/22 【Neural Network Console】CPU/GPU処理の設定切替
  • 8/21 【Neural Network Console】Learning Rate(学習率)の設定
  • 8/20 ソニーの無償AIソフト Neural Network Consoleの入手ダウンロード、インストール
  • 8/20 Deep Learning
  • 8/20
  • 8/19 古いバージョンのVisual Studio Community/Expressの入手ダウンロード
  • 8/19 CUDAの入手、ダウンロード、インストール方法
  • 8/17 【C#.NET】マイクロソフト仕様のアフィン変換
  • 8/5 【C#】ファイルを開くダイアログボックスの表示
  • 8/2 キャノンプリンターのCDトレイはどこ?!
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)

  • C#で、これまで四捨五入というと何となく

    double y = (int)(x + 0.5);

    とか、

    double y = System.Math.Round(x);

    と、行っていたのですが、画像処理で補間処理を行う時に、座標を四捨五入しようとすると、実は自分の思う通りに動いていなかった事に今更ながらに気が付いた...

    何はともあれ、int、Roundを使った方法にプラスして、Floorを使って、このようなコード↓

    int i;
    double x;
    double y_int, y_Round, y_Floor;
    
    for (i = -30; i <= 30; i++)
    {
        x = i * 0.1;
        y_int = (int)(x + 0.5);
        y_Round = System.Math.Round(x);
        y_Floor = System.Math.Floor(x + 0.5);
    
        System.Diagnostics.Debug.WriteLine(
            x.ToString() + ", " +
            y_int.ToString() + ", " +
            y_Round.ToString() + ", " +
            y_Floor.ToString()
            );
    }
    

    を実行すると、結果は下図のようになります。

    C#で四捨五入

    これを見ると、intを使った方法では、-1.4~+0.4までがとなり、マイナス側の結果がいまいち。

    Roundを使った方法では、一見良さそうなのですが、よ~く結果を見てみると、

    0.50に、1.52になっている。

    これは銀行型丸め(偶数丸め)と言うらしく、整数の間の値は、最も近い整数に丸めこまれるが、距離が同じ場合は偶数の値を返すとのこと。

    (参考)

    Math.Round メソッド

    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/wyk4d9cy.aspx

    そんな事、全く知らなかった~

    という事で、結局はFloorを使った方法が、指定した値以下の最大の整数を返してくれるので、座標を四捨五入したい場合にはFloorを使うと、一番、しっくりきます。

    ただし数学には、この結果は四捨五入ではなく、例えば-1.5を四捨五入すると-2になるのが正解のよう。

    (追記)
    コメントにもあるように、数学的には四捨五入は
    double y = System.Math.Round(x, MidpointRounding.AwayFromZero);
    とすると良いと思います。

    ここでの記事は、あくまで、座標を丸める場合のお話です。

    C#へ戻る

    コメント

    1. がっちゃん より:

      こんにちは。
      double y = System.Math.Round(x, MidpointRounding.AwayFromZero);
      が一番しっくりくるよう気がします・・・

      • akira より:

        こんばんは。
        確かに普通の四捨五入ならAwayFromZeroを使うのがいいでしょうね。
        とか言いながら、この記事を書くのにいろいろ調べてて、今回、初めてAwayFromZeroの事を知りましたw
        画像処理をやっていると、座標に関して四捨五入をしたい場合が良くあるかと思いますが、AwayFromZeroを使うとー0.5を四捨五入するとー1、+0.5を四捨五入すると+1になりますよね?
        するとー0.5~+0.5の範囲内だけ0になる範囲が他の値よりも若干狭くなるのが気持ち悪くて、座標を四捨五入する場合はFloorの方がしっくりくるという意味合いでした...