C#(.NET)からOpenCVを使う方法

OpenCVはシンプルな画像表示用のウィンドウも用意されているので、簡単に画像処理を試したい場合には非常に良いのですが、少し凝ったウィンドウを作成しようとすると、やっぱり.NETからOpenCVを触りたくなります。

 

.NETの言語(VB.NET、C#、C++/CLI)からOpenCVを使う方法は、だいたい以下の通り

  • .NETのラッパーライブラリを使う
  • 関数の定義ファイルを作成/使用する。
  • C++/CLIから直接使う

という感じだと思います。

 

OpenCVのラッパーライブラリで有名どころは、下記のもの

 

関数定義ファイルを自前で用意するのは大変なので、定義ファイルを公開してくれている方がいらっしゃるので、そちらを参考に。

 

C++/CLIからOpenCVを使う場合は定義ファイルなど必要無く、直接C++と.NETのプログラムを混在できるので、とりあえずは簡単なのですが、C++/CLIが複数フォームを作る場合などに、いきなり面倒になるので、結局のところ、OpenCVSharpを使うのがオススメでしょうか。

 

OpenCVSharpのマニュアルは下記ページのDocumentationと書いてあるファイルをダウンロードして下さい。
http://code.google.com/p/opencvsharp/downloads/list

 

OpenCVSharpに関しては作者のページSchimaの日記のOpenCVSharpのページを下記の順で見ると分かり易いと思います。

  1. OpenCvSharpを使う その1 (準備)
  2. OpenCvSharpをつかう その13(導入時のエラーについて)
  3. OpenCvSharpを使う その2~

私は、上記の記事にも書いてあるようにC#のAny CPUの設定になっているところで、つまづきました。

 

でも、どうしても自分は自作派だ!という人はC++/CLIで.NETラッパーライブラリを作成してVB.NETやC#から使うといいと思います。

 

OpenCVへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - C#(.NET)からOpenCVを使う方法


web拍手 by FC2




カテゴリー: C#, OpenCV  タグ: , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>