奇関数、偶関数

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奇関数

奇関数

となる関数。

つまり、関数のグラフが原点に対して対象となります。

奇関数

【例】

y = x, y = x3, y = sinθ など

【特徴】

-a ~ a の範囲で積分すると

奇関数

となります。

偶関数

偶関数

となる関数。

つまり関数のグラフがY軸に対して対象となります。

偶関数

【例】

y = x2,  y = x4,  y = cosθ など

【特徴】

-a ~ a の範囲で積分すると

奇関数

となります。

計算例

偶関数・奇関数

となります。

このように、関数を奇関数と偶関数に分けて積分します。

この偶関数・奇関数の特徴を応用すると、関数の合計値をfor文などで計算する場合に、計算量を大きく減らす事ができるので、処理の高速化が期待できます。

使える数学へ戻る

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 奇関数・偶関数でも説明したように、 […]