ロバスト推定法(Tukey’s biweight)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • ロバストとは?

    ロバスト(Robust)という言葉を辞書で調べると、「頑健なさま、がっしりした様子」という意味が載っています。

    画像処理的には、ノイズや影、明るさの変動などの影響を受けにくく、安定した処理結果が得られる、ぐらいの意味として捉えれば良いでしょう。

    ロバスト推定法

    通常の最小二乗法では下図のように、数点の大きな誤差が含まれるだけでも、近似した直線が大きくズレてしまう場合があります。
    この誤差の影響をできるだけ受けないようにしたのが、ロバスト推定法です。

    最小二乗法とロバスト推定法との比較

    処理アルゴリズム

    まずは最初に、通常の最小二乗法を行います。
    (今回は簡単にするため一次式で近似する例で紹介します。)

    直線の式(y=ax+b)で近似する場合は以下のように行列を用いて解くことができます。

    通常の最小二乗法の式

    この近似した直線から遠く離れたデータを除去するだけでも、大きな誤差のデータの影響を受けなくなりそうですが、ここでは、誤差の大きさに応じて重みを付けるTukeyのBiweight推定法という手法を紹介します。

    近似データ(Xi、Yi)と近似直線との誤差 d=Yi – (aXi + b) を用いて、誤差が大きければ大きいほど、
    最小二乗に与える影響力(重み)が小さくなるように、以下のような式を用いて重み計算します。

    d < -Wの場合
    ロバスト推定の重みの式

    -W <= d <= Wの場合
    ロバスト推定の重みの式

    W < dの場合
    ロバスト推定の重みの式

    ただし、大文字のは誤差の許容範囲を示します。

    この重みの関数w(d)をグラフで示すと、このようになります。

    ロバスト推定の重みのグラフ

    上図を見ても分かるように誤差の絶対値がWを超えると重みが0となり、次に行う重み付き最小二乗法では近似に影響を与えなくなり、逆に誤差が0に近づく程、重みが増し、近似への影響が大きくなります。

    この重み wi を各近似データ(Xi、Yi)に関して計算し、wiを付加した最小二乗法を再度行います。

    重み付き最小二乗法

    こうして求めた近似式(y = a’X + b’)は最初に求めた近似式よりも、測定データに近づきます。
    この処理を誤差の許容範囲()を小さくしながら、誤差が少なくなるまで繰り返すことで、より測定データに近づいた近似式を得ることができます。

    今回の例では一次式について示していますが、他のn次式などについても、同様に行列の各要素に重みを付加することで、ロバスト推定を行うことができます。

    参考文献

    最小二乗法による実験データ解析―プログラムSALS (UP応用数学選書 7)

    • 著者/訳者:中川 徹 小柳 義夫
    • 出版社:東京大学出版会( 1982-05 )
    • 単行本:206 ページ
    • ISBN-10 : 4130640674
    • ISBN-13 : 9784130640671

    ニューメリカルレシピ・イン・シー 日本語版―C言語による数値計算のレシピ

    • 著者/訳者:William H. Press William T. Vetterling Saul A. Teukolsky Brian P. Flannery
    • 出版社:技術評論社( 1993-06-01 )
    • 単行本:685 ページ
    • ISBN-10 : 4874085601
    • ISBN-13 : 9784874085608

    使える数学へ戻る

    コメント

    1. […] 7/14 ロバスト推定法(Tukey’s biweight) […]