最近の記事
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 5/14 simplicity2-child
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/8 FPGA処理によるカラー光切断法の公開(参考出品)
  • 5/28 OpenCV3.1+Visual Studio 2015+64bitOSで簡単にOpenCVを試す
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値のCSVファイル保存
  • 3/19 【ImageDataクラス】Regionプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】画像の輝度値(画素値)の取得/設定
  • 3/19 【ImageDataクラス】InterpolationModeプロパティ
  • 3/19 【ImageDataクラス】BorderTypeプロパティ
  • 3/18 【ImageDataクラス】サンプルプログラム
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリの使用方法
  • 3/17 【C#】ImageDataクラスライブラリ公開
  • 3/17 ImageDataクラスライブラリ
  • 2/25 【OpenCV】黒板風処理
  • 12/17 【Excel】絶対参照、相対参照の切替
  • 12/16 【Windows10】モニタの文字のかすれを直す
  • 11/28 【C#】Chartを使ったヒストグラム表示
  • 11/28 【C#】Chartコントロールをとりあえず使ってみる
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの主なプロパティ
  • 11/25 【C#】Chartコントロールの使用方法

  • 行列で連立方程式を解く

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    行列を使って連立方程式を解く方法を紹介します。

    【計算例】

    3つの方程式

    連立方程式

    を行列であらわすと

    連立方程式

    となります。この行列を逆行列を使ってX、Y、Zに関して解くと

    行列で連立方程式を解く

    となり連立方程式を行列で解くことができます。

    …というのは普通すぎて面白くないので、3点からなる円の方程式を行列で解く方法を紹介します。

    中心(a、b)、半径 r の円の方程式

    (X – a)2 + (Y – b)2 = r2

    を展開して

    X2 + Y2 – 2aX – 2bY + a2 + b2 – r2 =  0

    となり、A = 2a、B = 2b、C = r2 – a2 – b2 とおくと、上式は

    AX + BY + C  =   X2 + Y2

    となります。

    ここで、円上の3点(X0、Y0)、(X1、Y1)、(X2、Y2を代入すると

    AX0 + BY0 + C  =  X02 + Y02
    AX1 + BY1 + C  =  X12 + Y12
    AX2 + BY2 + C  =  X22 + Y22

    の3本の式が成り立ち、これを行列で表現すると、

    行列で円の方程式を解く

    となり、A、B、Cに関して行列を解くと

    円の方程式を解く

    となり、A、B、Cが求まることから、A = 2a、B = 2b、C = r2 – a2 – b2 より
    中心半径を求めることができます。

    行列を解く部分は

    ガウスの消去法

    のページを参照下さい。

    使える数学へ戻る

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事

    スポンサーリンク