64bit対応ユーザーコントロール作成方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

64bitに対応したユーザーコントロール(カスタムコントロール)を作成するには、前提条件として

Visual Studio はOSが64bitであっても32bitで動作している!

という点に注意しないといけません。

つまり、プラットフォームを64bitで作成したユーザーコントロールをVisual Studioのフォームデザイナでフォーム上に配置すると、32bitプログラムから64bitプログラムを呼び出す事になるので、フォームデザイナがエラーとなり、フォームを表示してくれません。

これを回避するためには、ユーザーコントロールのプラットフォームをAny CPUに設定して下さい。

この時点で、Any CPUの設定がないC++/CLIのユーザーコントロールは64bit対応ができないという事になります。

これを知らずにC++/CLIのユーザーコントロールを32bitである程度作成してしまい、64bitに対応させようと思った時に、エライ目に会いました...→結局、C#で作り直すハメに。

次に私がハマったのが、ユーザーコントロールからアンマネージのライブラリを呼ぶ場合の処理。

作成したプログラムのプラットフォームがAny CPUの時の挙動ですが、

32bitOSの場合:32bitのライブラリを呼び出す

64bitOSの場合:64bitのライブラリを呼び出す

となります。

つまり、64bitOS環境でユーザーコントロールを開発すると、Visual Studioで開発中にフォームデザイナでは、Any CPUのユーザーコントロールから、64bitのライブラリを呼び出そうとします。

ユーザーコントロールはフォームに配置した時点で、コントロールのプロパティやコンストラクタ、各種イベント処理が動いてしまうので、この時に64bitライブラリの関数が呼ばれてしまうと、フォームデザイナがエラーとなってしまいます。

これを回避するには、フォームがデザインモードかどうかを調べる

 System.ComponentModel.Component.DesignModeプロパティ

を用います。

この値がtrueの場合、64bitライブラリの関数を呼び出さないようにすると、回避できます。

さらに話をややこしくするのが、DesignModeプロパティはコンストラクタや入れ子となったユーザーコントロールでは正しい値が取得できません

そのため、DesignModeプロパティを取得する際には注意して下さい。

(参考)

http://support.microsoft.com/kb/839202/ja

http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/csharpexpressja/thread/d946a597-0ba4-4880-b99b-13c728e2f39f

まとめると、

●ユーザーコントロールはVB.NETもしくはC#でプラットフォームをAny CPUにして作成する。

●デザイン時に64bitライブラリの関数を呼び出さい。

という感じでしょうか?

VB.NETやC#だけで作るならプラットフォームは全てAny CPUにしておくと、あまり64bit対応の事は気にしなくても大丈夫ですね。

また、逆に32bit対応のライブラリしかなく、32bitで動くプログラムを作る場合は、64bit対応のライブラリが呼び出されないように、プラットフォームをAny CPUにはせずに、Win32に設定しておく必要があります。

Visual Studioへ戻る

関連記事

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする