.NET 5 Windows Forms C# Visual Studio プログラム

.NET5とVisual Studio2019 Ver.16.7 Preview1をインストールしてみた

スポンサーリンク

普段、私はC#のWindowsFormsでGUIは作成し、重たい処理はC++のライブラリでプログラムを作成していることが多いのですが、.NET Coreには、本気のSIMDのようなクラス(System.Runtime.Intrinsics.X86)があって、気にはなっていたのですが、.NET CoreだからUWPだしな~とか思いながら、特に何もしていなかったのですが、.NET5になると、これまでの.NET Frameworkと.NET Coreが統合されるということで、.NET CoreにあったクラスがWindows Formでも使えるようになる?ので、新しい.NET5は、ちょっと興味がありました。

2020.5.21現在では、.NET5を使ってWindowsFormsのプログラムが組める開発環境のPreview版が公開されているので、早速インストールしてみました。

 

(2020.8.11追記)現在はVisual Studio 2019 Ver.16.8 Preview1になりました。

(2020.9.13追記)現在はVisual Studio 2019 Ver.16.8 Preview2と.NET5 Preview8になりました。

(2020.9.26追記)現在はVisual Studio 2019 Ver.16.8 Preview3.1と.NET5.0.100 rc.1になりました。

(2020.10.10追記)現在はVisual Studio 2019 Ver.16.8 Preview3.2になりました。

(2020.10.16追記)現在はVisual Studio 2019 Ver.16.8 Preview4.0と.NET5.0.100 rc.2になりました。

Visual Studio 2019 Ver.16.7 Preview1のインストール

プレビュー版はこちらからダウンロードできます。

Visual Studio Preview
Visual Studio 2019 の未来をいち早くご体験ください。Visual Studio にまだ組み込まれていない新機能を、プレリリース版でいち早く体験できます。今すぐ無料の Visual Studio Preview をお試しください。

Visual Studio 2019 Ver.16.7 Previewのインストール

Professional版やEnterprise版にも興味はありましたが、正規版が出ても、おそらくCommunityしか使わないので、Communityのプレビュー版をダウンロードしました。

インストールはダウンロードしたファイル(vs_community__179898993.1589457630.exe)をダブルクリックすると、始まります。

インストールはここ最近のこの画面↓です。

Visual Studio 2019 Ver.16.7 Previewのインストール

後からも変更できますが、私は

  • .NETデスクトップ開発
  • C++によるデスクトップ開発
  • ユニバーサルWindowsプラットフォーム開発
  • .NET Core クロスプラットフォーム開発

の4つをインストールしました。

インストール自体は、特に問題もなく終了しましたが、このままでは、.NET5がインストールされていないので、.NET5も別途インストールします。

 

.NET5のインストール

.NET5も現状ではPreview状態ですが、ここ↓からダウンロードします。

Download .NET 5.0 (Linux, macOS, and Windows)
.NET 5.0 downloads for Linux, macOS, and Windows. .NET is a cross-platform version of .NET, for building apps that run on Linux, macOS, and Windows.

.NET5のインストール

私のPCはWindows10なので、Windowsのx64の部分をクリックしてファイル(dotnet-sdk-5.0.100-preview.4.20258.7-win-x64.exe)をダウンロードしました。

こちらも、ファイルをダブルクリックすれば、問題なくインストールできると思います。

 

.NET5のC#フォームアプリを作成してみる

Visual Studio 2019 Ver.16.7 Preview1を起動し、新しいプロジェクトの作成をクリックし、プロジェクトの種類の中から Windows Formas App(.NET Core) を選択します。

.NET5 C#フォームアプリ

似たプロジェクトにWindowsフォームアプリケーション(.NET Framework)がありますが、こちらでは.NET5は使えないようです。

 

プロジェクトを作成し、フォームを見てみると、こんな感じ↓です。

.NET5 C#フォームアプリ

ほぼ、これまでのWindows FormsのC#の画面と変わりませんが、ぱっと見ではフォームのアイコンが違うぐらいでしょうか?

プロジェクトのプロパティで対象のフレームワークを確認すると、.NET5.0が選択できるようになってます。

.NET5 C#フォームアプリ

ツールボックスを確認してみると、私が知らないだけかもしれませんが、MaskedTextBoxやNotifyIconなるコントロールが追加?されていました。

.NET5 C#フォームアプリ

と、現状では何も分かっていないのですが、いろいろ触ってみようと思います。

 

← .NET 5 C# Windows Forms プログラム へ戻る


以下、調査メモです。

(2020.6.9)

  • Visual Studio 2019 Ver.16.7 Preview2 になりました。
  • C#のWindowsFormsでコントロールのプロパティが表示できない(表示しようとすると、VSが落ちる)

 

エントリーポイントは厳密に指定しないとダメ

【NG】

[DllImport(“kernel32.dll”)]
public static extern void CopyMemory(IntPtr dest, IntPtr src, uint count);

【OK】

[DllImport(“kernel32.dll”), EntryPoint =”RtlMoveMemory”)]
public static extern void CopyMemory(IntPtr dest, IntPtr src, uint count);

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました