Windows11

【Windows11】Google Chromeをデフォルトのブラウザとして設定する

Windows11にアップデートすると、デフォルトのブラウザが勝手にMicrosoft Edgeに変更されてしまい、デフォルトのブラウザをGoogle Chromeへ変更したいと思います。

まず、Google Chromeを起動すると、

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていませんと表示されるので、デフォルトとして設定のボタンをクリックします。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

すると、規定のアプリの画面が表示されるので、 Google Chromeをクリックします。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

次にファイル形式やリンクなどごとの既定のアプリを設定できる画面が表示されるので、私は

.htm, .html, HTTP, HTTPS

の4つの既定のアプリをGoogle Chromeに設定しました。

設定方法は、各ファイル形式などの右側に表示されているリンク部分をクリックします。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

すると、切替の確認画面が表示されるので、強制的に変更するをクリックします。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

各ファイル形式やリンクを開く事のできるアプリの一覧が表示されるので、この中からGoogle Chromeを選択して、OKをクリックします。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

同様にして、.htm, .html, HTTP, HTTPSの既定アプリをGoogle Chromeに変更します。

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていません

 

※HTTPとHTTPSの既定のアプリをGoogle Chromeに設定しないと、Google Chromeの起動時に、Google Chromeはデフォルトのブラウザとして設定されていませんの警告が表示されます。

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました