Windows11

【Windows11】スタートにピン留めする方法

スタートにピン留めの機能は下図のように、スタート画面の上半分にアプリやフォルダへのショートカットを表示する機能となります。

Windows11 スタートにピン留めする方法

スタートにピン留めの機能はWindows10にも機能はありましたが、Windows11では程よいアイコンのサイズでスマホやタブレット感覚で使えるため、Windows11の機能の中でもお気に入りの機能です。

このスタートにピン留めする方法はいくつかあるので、紹介したいと思います。

すべてのアプリからピン留めする方法

スタート画面右上のすべてのアプリをクリックし、アプリを表示します。

Windows11 スタートにピン留めする方法

スタートにピン留めしたアプリを右クリックし、スタートにピン留めするをクリックすると、スタートにピン留めされます。

Windows11 スタートにピン留めする方法

デスクトップのショートカットからピン留めする

デスクトップに表示されているショートカットを右クリックし、表示されたメニューのスタートメニューにピン留めするをクリックし、スタートにピン留めします。

Windows11 スタートにピン留めする方法

タスクバーの実行されているアプリからピン留めする

実行しているアプリはタスクバーに表示されていますが、タスクバーのアイコンを右クリックし、表示されたメニュー内のアプリ名の部分を右クリックし、スタートメニューにピン留めするをクリックします。

Windows11 スタートにピン留めする方法

アプリの検索結果からピン留めする

検索画面よりアプリを検索し、表示された検索結果を右クリックし、スタートにピン留めするをクリックすることで、スタートにピン留めします。

Windows11 スタートにピン留めする方法

エクスプローラーからフォルダをピン留めする

エクスプローラーで、ピン留めしたいフォルダ名を右クリックしメニューを表示し、スタートメニューにピン留めするをクリックし、スタートにピン留めします。

Windows11 スタートにピン留めする方法

アイコンを整列する

スタートにピン留めしたアプリのアイコンは、ドラッグ&ドロップにより並び替えることができます。

アイコンを並び替えることで、Windowsの使い勝手がかなり良くなると思います。

Windows11 スタートにピン留めする方法

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました