Windows11

【Windows11】回復ドライブ(リカバリーディスク)の作成

以前はパソコンを購入すると、リカバリーディスクが添付されていましたが、最近では、添付されていない事も多いかと思います。

そこで、PCを購入したら、いざという時のために、まずは回復ドライブの作成をお勧めします。

以下はWindows11の時の回復ドライブの作成方法を紹介します。
回復ドライブの作成には、1時間程度かかるので、時間に余裕のある時に行ってください。

USBメモリの準備

まず、回復ドライブの作成には、16GB以上のUSBメモリが必要になるので準備します。
回復ドライブ作成時にUSBメモリがフォーマットされるので、注意してください。

私は、この↓USBメモリを購入しました。

回復ドライブの作成

準備したUSBメモリは、USBポートに刺しておきます。

スタートボタンをクリックし、右上のすべてのアプリをクリックします。

Windows11 回復ドライブの作成

次にWindowsツールをクリックします。

Windows11 回復ドライブの作成

Windowツール画面右側の下の方に回復ドライブのアイコンがあるので、これをダブルクリックします。

Windows11 回復ドライブの作成

すると

このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

と表示されるので、はいをクリックします。

次に、システムファイルを回復ドライブにバックアップしますのチェックが入ったまま、次へをクリックすると、お待ちくださいのウィンドウが表示されますが、1分少々待ちます

Windows11 回復ドライブの作成

すると刺したUSBメモリが表示されるので、このドライブが正しいか?確認します。
USBメモリはフォーマットされるので、注意してください。
表示されているドライブが正しければ次へをクリックします。

Windows11 回復ドライブの作成

USBメモリがフォーマットされるため、確認画面が表示されますが、問題なければ作成をクリックします。Windows11 回復ドライブの作成

ここから、回復ドライブの作成に1時間程度かかるので、ひたすら待ちます。

Windows11 回復ドライブの作成

作成が完了すると、下のようなウィンドウが表示されるので、完了をクリックし、これで終了です。

Windows11 回復ドライブの作成

最終的に作成されたUSBメモリのプロパティを確認すると、8.22GB使用していました。

Windows11 回復ドライブの作成

確かに16GBのメモリがあれば十分なようですが、回復ドライブは、年に1回、作成する事が推奨とのことで、サイズも増えそうだし、32GBのメモリを買いましたが、まぁ、いっか。。

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました