Windows11

【Windows11】電卓の新機能

Windows11に標準的に搭載されている電卓のアプリですが、Windows11ではグラフ計算の機能が追加されていました。

Windows11 電卓 新しい機能

Windows10の電卓の機能では、左上の3本線の部分をクリックすると、標準、関数電卓、プログラマー、日付の計算、各種コンバーターの機能がありましたが、ここにグラフ計算が追加されました。

Windows11 電卓 新しい機能

右上の式を入力してくださいの部分に x と y を使った関数を書くと、グラフで表示してくれます。

上図のグラフはシグモイド関数とその微分ですが、以下のように書きました。

y=1/(1+e^(-x))

y=e^(-x)/(1+e^(-x))^2

 

その他にもWindows10にも同じ機能がありますが、個人的に気になった機能を書いておきます。

Windows11の電卓ではこれだけの機能があります。

Windows11 電卓 新しい機能

通貨

その日のレートを取得して、通貨の変換を行います。

Windows11 電卓 新しい機能

日付の計算

開始と終了の日にちを指定し、2つの日にちの差を計算してくれます。

Windows11 電卓 新しい機能

時間

マイクロ秒、ミリ秒、秒、分、時間、日、週、年のそれぞれの時間を変換します。

Windows11 電卓 新しい機能

スポンサーリンク
Akiraをフォローする

関連記事

イメージングソリューション

コメント

タイトルとURLをコピーしました