ピボット選択を行ったGauss-Jordan法

前回紹介したGauss-Jordan法で解く逆行列の計算では例えば、

Gauss-Jordan-with-pivot

のように対角要素に0(ゼロ)が来ると、0で割れないため、対角要素を1にする事ができません。

 

そこで、対角要素に0(ゼロ)が来ないように行を入れ替えてGauss-Jordan法を行います。
さらに、ある値を割る場合、分母の値は絶対値が大きい方が割り算の誤差が小さくなります。
(この割る要素の事をピボット(pivot)と言います。)

 

この事を考慮し、Gauss-Jordan法で逆行列を求める例を示します。

 

行列の右側に単位行列を追加します。

Gauss-Jordan-with-pivot

1行1列目の要素の絶対値が最大となるように1行目3行目を入れ替えます。

Gauss-Jordan-with-pivot

1行1列目の要素が1となるように1行目4で割ります。

Gauss-Jordan-with-pivot

1列目の要素が(1 0 0)となるように

[2行目] = [2行目]ー[1行目]×3
[3行目] = [3行目]ー[1行目]×2

を計算します。

Gauss-Jordan-with-pivot

ここで2行2列目の要素の絶対値はすでに最大なので、2行2列目の要素が1となるように
2行目-9/4で割ります。

Gauss-Jordan-with-pivot

2列目の要素が(0 1 0)となるように

[1行目] = [1行目]-[2行目]×3/4
[3行目] = [3行目][2行目]×1/2

を計算します。

Gauss-Jordan-with-pivot

ここで、3行3列目の要素はすでに1なので、3列目の要素が(0 0 1)となるように

[1行目] = [1行目]-[3行目]×2/3
[2行目] = [3行目]+[3行目]×2/9

を計算します。

Gauss-Jordan-with-pivot

これで、左側が単位行列となり、右側に出来た行列が求める逆行列となります。

 

このようにピボット選択を考慮する事で、対角要素が0であっても逆行列を解くことが可能となる場合があります。

 

使える数学へ戻る

 



web拍手 by FC2

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー: 使える数学  タグ: , . Bookmark the permalink.

ピボット選択を行ったGauss-Jordan法 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ガウスの消去法 | イメージングソリューション

  2. ピンバック: 逆行列(Gauss-Jordan法) | イメージングソリューション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です