一般式による最小二乗法(円の最小二乗法)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近の記事
  • 7/6 【参考書籍】画像処理・機械学習プログラミング OpenCV 3対応
  • 6/20 【Python,matplotlib】動くグラフをAnimationGifに保存する方法
  • 6/17 シグモイド関数の微分
  • 6/15 シグモイド関数
  • 6/13 合成関数の微分
  • 6/12 WordPressで数式エディタ風に数式を入力したい
  • 6/11 PythonをVisual Studioでインストールする方法
  • 6/9 【Python】OpenCVをAnacondaでインストール(Windows編)
  • 6/6 【Python】Anacondaで複数バージョンの環境切り替え
  • 6/6 画像センシング展2017に出展します。
  • 6/1 【Office365】Web版Outlookのフォントサイズ変更
  • 6/1 【Anaconda】モジュールのアップデートでエラー発生
  • 6/1 【Anaconda】コマンドリストの表示
  • 5/29 Windows10パソコン購入
  • 5/24 Anacondaのアンインストール
  • 5/24 【Jupyter Notebook】新規プログラムの作成
  • 5/23 【Python】開発環境の構築
  • 5/23 Pythonはじめました
  • 4/6 【Office365】Web版Outlookのスレッド表示を解除する方法
  • 4/5 【Excel】フーリエ解析(FFT)
  • 3/20 Canny edge detection
  • 3/20 【Excel2016】分析ツールの表示
  • 3/5 【Visual Studio】黒い背景色を白に変更する方法
  • 2/8 【Windows10】拡張モニタに表示されたウィンドウを元に戻す
  • 2/7 複素数の計算
  • 1/18 【Excel】棒グラフの横軸の目盛を0始まりにする
  • 1/16 【Excel】フーリエ変換
  • 1/6 【OpenCV】疑似カラー(カラーマップ)
  • 11/8 【Visual Studio】検索結果のウィンドウ表示
  • 11/3 ニコン 一眼レフカメラ D5500レビュー
  • 10/26 カラーカメラはモノクロカメラを兼ねない
  • 9/6 (Free Soft)Animation GIF Builder
  • 8/30 【C#】タブの無いTabControlっぽいものを作る
  • 8/29 【OpenCvSharp】サンプルプログラムの公開
  • 8/28 【PowerPoint】部分的にカラーにする(セレクトカラー処理)
  • 8/27 【C#】引数の値渡し、参照渡し(ref, out)
  • 8/26 【Word/Excel】図形内に文字を挿入する
  • 8/25 【C#】NumericUpDownコントロール
  • 8/24 ニコン D3400 VS D5500 仕様比較
  • 8/22 【C#】MDIフォームにリサイズ可能なPanelを設置する
  • 8/20 【Visual Studio 2015】文字の色が変、かすむ
  • 8/20 【Visual Studio】行のコピー、切り取り、貼り付け
  • 8/20
  • 8/16
  • 7/7 標準偏差のよくある誤解
  • 6/17 ホーム
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15
  • 6/15

  • n次曲線による最小二乗法につていは説明しましたが、円や楕円、その他の一般式についても最小二乗法による近似は可能です。
    今回は円の最小二乗法を例にとって説明しますが、他の一般式についても要領は同じです。

    まず初めに近似する一般式を作成します。

    円の場合、円の中心座標(a,b)、円の半径 r とすると

    (X – a)2 + (Y – b)2 = r2 ・・・①

    となります。

    n次曲線による最小二乗法ではX座標がXiの時のY座標Yiと近似曲線上のY座標f(Xi)との差の二乗が最小になるように計算していましたが、円の場合、X座標がXiの時にY座標が存在しなかったり、Y座標が2点存在してしまう場合もあります。

    そこで、今回はY座標の差の2乗の総和を求めるのではなく、①式を=0の式に変形し、
    点の座標(Xi,Yi)を代入し、その式の2乗の総和を求めます。
    (n次式近似でやった計算も結局は近似式=0になるように変形していた訳ですが...)

    ①式を=0になるように変形し、2乗の総和は

    ∑{(Xi – a)2 + (Yi – b)2 – r22 = 0 ・・・②

    となります。

    ただし、このまま未知数a,b,rに関して②式を偏微分してもa,b,rは4次関数となるので、各未知数の偏微分=0の時が最小とは限りません。

    そこで、②式を展開し、下の式のように置きます。

    ∑{Xi2 + Yi2 + AXi + BYi + C}2 = 0 ・・・③

    ただし

    A = -2a ・・・④
    B = -2b ・・・⑤
    C =  a2 + b2 – r2 ・・・⑥

    ③式に関してA,B,Cについて偏微分すると

    ∂/∂A = A∑Xi2 + B∑XiYi + C∑Xi + ∑Xi3 + ∑XiYi2 = 0 ・・・⑦
    ∂/∂B = A∑XiYi + B∑Yi2 + C∑Yi + ∑Xi2Yi + ∑Yi3 = 0 ・・・⑧
    ∂/∂C = A∑Xi + B∑Yi + C∑1  + ∑Xi2 + ∑Yi2 = 0 ・・・⑨

    ⑦、⑧、⑨式を行列を用いて解くと

    円の最小二乗法

    となり、逆行列を求めるとA,B,Cが求まります。

    さらに④、⑤、⑥式より円の中心座標(a,b)、円の半径 rが求まります。

    使える数学へ戻る

    コメント

    1. […] 最小二乗法 一般式による最小二乗法 […]